読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashi-no-koto’s diary

2児の母。シンプルな生活を目指しています。

料理の手順

料理 暮らしのこと

家事の中で好きなことは

・料理

・洗濯(干すこと)

 

反対に、嫌いなことは

・掃除

・洗濯(畳むこと)

 

です。

 

掃除は、苦手だし嫌いなので、いかにサボるか、簡単にするかといつも考えています。

料理は、上手いかどうかは別として、好きです。

子どものころは食べるのも面倒で、作るくらいなら食べない方がいい!というくらいでしたが、大学生のころから自己流で作り始めました。

レシピ本をみたり料理番組をみたりして覚えました。

 

そんな料理については、好きだからか、手順や効率を考える事をしてきませんでした。(本当に料理好きで料理が得意な方は、自然と効率も考えて料理をしているんだと思います)

 

朝食は毎日ほぼ決まったメニューです。

眠くても子どもたちが食べやすいメニューに決めました。

(かつ、私が寝坊してもすぐに準備できるメニューです^^;)

子どもたちがもっと大きくなった時には見直しが必要だと感じています。

 

昼食は私一人なので、だいたい残り物で済ませます。

 

夕食が一番しっかりしたメニューになります。

 

だいたい、ご飯、おかず(2,3品)、お味噌汁というメニューです。

メニューは当日作りながら決めます。

 

夕飯づくりの流れは

 冷蔵庫にある食材をみて、味噌汁の具を決めます。

 

①味噌汁を作る

 ・味噌汁の材料を切る

 ・火にかける

 ※味噌汁を作りながらおかずを考える

 

②おかずを作る

 ・副菜を作る

  ・副菜の材料を切る

  ・調理する

 

 ・主菜を作る

  ・主菜の材料を切る

  ・調理する

 

となります。

 

たいした料理をするわけではないのですが、長ければ2時間ほどかかっていました。

だいたいメニューはその時の思いつきなので、作りながら最終形態が変わることがよくありました。

 

夕方には、子どもの宿題や連絡帳に目を通したり、洗濯を畳んだり、他にしたい家事があるので、この調理時間を短くしたいと思うようになりました。

できれば、さらにブログを書いたり、塗り絵をしたり、自分の時間も確保したいと思っています。

 

料理の手順を書きだして、余分な工程を見直しました。

おかずを作る度に野菜を切っていました。

またその度に、包丁とまな板を洗って、という工程もありました。

また使う野菜や材料もその都度冷蔵庫から出していました。

 

それを、料理を始める前に、

・作る全部のメニューを決める

・使う材料を全部準備する

・切る工程はまとめて行う

・野菜を切る場合は、いろいろな切り方をして保存容器に入れておく

(きっと当たり前と思われることなんでしょうが出来ていませんでした)

 

 手順を変えてから、1週間くらい経ちました。

調理時間が1時間くらい短縮でき、夕食の後片付け後に自分の時間が取れるようになりました。

まだまだ始めたばかりなので、改善の余地がたくさんあると思いますが、同じ料理を作るのでもこんなに時間が違うんだなぁと、、、、主婦歴も結構長いのですが、今更ながら実感しています^^;


f:id:kurashi-no-koto:20160126170333j:image

リンゴの飾り切りに挑戦してみました(^^)

なかなか好評でした♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村