読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashi-no-koto’s diary

2児の母。シンプルな生活を目指しています。

ストック品について

暮らしのこと

新年度は学校から書類を持ち帰り、記入して提出することが増えます。

学校からの指示が大まかで、かつ私の読解力も低いので、いつも迷いながら記入しています。

何とか今年度の分の記入が終わりました。

せめて手紙に書いていある書類の名称と記入する書類の名称を合わせてもらいたいです^^;

 

我が家でも以前はストック品をたくさん持っていました。しかし、ほとんどのものは無くなってから購入しても困りませんでした。

現在は、洗剤やシャンプーなどはストックを1つ置いておきますが、それ以外のものは使い終わってから買うようにしています。

(トイレットペーパーだけは特別で、1日1ロールほど消費するので、トイレットペーパーだけは残り2~3ロールになると補充するようにしています)。

 

実家はストック品がたくさんあって、ティッシュペーパーは10箱くらいあるし、トイレットペーパーも2,3パックあります。それなのにまた買おうとします。

食べ物のストックもたくさんありますが、把握しきれていないので、賞味期限切れのものがたくさんあります。

我が家で切らしている「マジックソルト」を実家のストック品の中で発見したので、もらっていこうとしたら、2年も前に賞味期限が切れていました^^;

その隣にも2,3個賞味期限が切れたものを発見したので処分してきました。

(マジックソルトを切らしてから2ヶ月ほど経ちますが、困っていないのでなくてもいいものかもしれません)。

 

冷蔵庫も開けると雪崩のように物が落ちてくるので、開けるだけでもひと苦労だし、中に何が入っているのか全く把握できません。

きっと奥には何年も前に賞味期限が切れた食べ物が入っているのだと思います。

二人暮らしなのに、我が家よりもずっと大きな冷蔵庫を使っています。

 

母曰く、現在使っているものが半分くらいになると、新しいものを補充しないと心配になり落ち着かないそうです。

確かに年をとってくると気軽に買い物に出られなくなるので、ストック品がなくなると心配な気持ちはわかります。

しかし、ティッシュ10箱やトイレットペーパーが2,3パックは必要ないと思うのです。。。

だんだんと体の自由がきかなくなり、記憶力も衰えてきて、大量のものを管理することができなくなります。

たいていは無くても困らないものがほとんどなので、どうしても必要なものだけを最低限もつようにした方がスッキリ暮らせます。

お金がない!」が母の口癖なのですが、余分なストック品をなくし、食品の無駄をなくせば、もっと有効なお金の使い方ができるようになると思います。

 

使っていないものを処分しなくちゃという気持ちはあるようですが、実行はできないようです。

母の年齢になってしまうと、他人に指摘されることを嫌がり、今までの生活習慣を変えることは難しいようです。(私も年々頑固になってきているので、気を付けなければと思います)

でも、将来子どもたちに迷惑をかけることの無いよう、スッキリとした暮らしを心がけたいです。

 

↓よろしければクリックをお願いします(*^_^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村