読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashi-no-koto’s diary

2児の母。シンプルな生活を目指しています。

【スッキリ月間】8/8 手放したもの

スッキリ月間

先日、久しぶりに母が我が家に遊びに来ました。

リビングに敷いているラグがちょうど洗濯中で、いつも以上にモノがない状態でした。

「あまりにスッキリしすぎているんじゃない?落ち着かない...」

と言われました(笑)

私は、実家がモノが多すぎて落ち着きませ~ん(笑)

 

8/7の記録です。

㉑夏休み中のお手紙

 

㉒本・雑誌

  読み終えた本、雑誌をブックオフで売ってきました。
f:id:kurashi-no-koto:20160811162949j:image

 

3DS

 譲る人が見つからなかったので、ブックオフで売ってきました。

 

3DSケース

 本体がなくなったのでケースを手放しました。
f:id:kurashi-no-koto:20160811162956j:image

 

 

ねこもち (id:desumasu111)さんの記事を読んで、とても共感しました。

 

desumasu111.hatenablog.com
 

例えば「棚を処分して余ったネジ」とか使ったことがない。 これは小さな例えですが、誰の家でもきっとそういうモノがあると思います。 それが悪いことではなく、自宅の面積を圧迫する量ならやはり一度見直して家から出してみるといいと思います。

物欲が少ないのにモノで溢れた開かずの間ができる。 - 十人十色の生活。

 

ちょうど先日、カラーボックスを組み立てて予備のネジがたくさん余りました。

以前だったらそのうち使うだろうと思って取っておきましたが、今は組み立て終わったら処分してしまいます。

もし組み立てなおしてネジが必要になったら、その時にネジを改めて購入すればいいと思います(組み立てなおすこと自体ほとんどありませんが)。

 

いつか使うだろうと取っておくと、小さいものでも少しずつ溜まっていき、気づいたら「開かずの収納」や「開かずの間」ができてしまうのだろうなと感じました。

小さなモノから大きなモノまで、ひとつずつそのモノと向き合っていくのはとても大変なことなので、その量が膨大になってしまうと、向き合うことを避けてしまいたくなると思います。

そうなる前に、日ごろからモノと向き合って要不要の判断をしていればモノで溢れる事にはならないんじゃないかと思います。