読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashi-no-koto’s diary

2児の母。シンプルな生活を目指しています。

掃除機の比較

なが~いなが~い夏休みもやっと明日で終わります!

宿題も無事に終わり、始業式を待つだけです。

 

今年の夏休みはイベント盛りだくさんでした。

子どもたちが楽しんでくれたよかったです^^

夏休みが終わってからが主婦の休日になります(*^_^*)

 

数日間、新しい掃除機を使ったので使用感などをレビューしようと思います。

これまで使っていたダイソンの掃除機と比較しました。

比較の項目を下図に示してあります。

(2つを比較して良いと思った方に黄色で網掛けをしています)

 

f:id:kurashi-no-koto:20160826162553p:plain

①価格 

 ダイソンに比べるとツインバードは10分の1以下です。

 ダイソンの最新機種になると8万~10万というものもあり手が出ません。

 安くてもきちんと仕事をしてくれるので、ツインバードに〇。

 

②吸引仕事率

 ダイソンでは標準が28W、MAXで65Wですが、ツインバードは70Wです。

 MAXで比較すればそれほど変わりありませんが、使用時間が8分となってしまいます。 細かい砂埃もきっちり吸い取ってくれるので、ツインバードに〇。

 

③使用時間・④充電時間

 ダイソンはコードレスなので13分ほどしか使用できませんでした。そのため充電が切れたら、そこで掃除を終了していました(掃除しない言い訳にしていましたが(笑))。

 また充電時間も5.5時間と長い為、再充電してまた掃除を再開するといったことはできません(予備用のバッテリーを準備すればいいのかもしれませんが)。

 オール電化なので、電気料金の安い時間に充電をしようとしたまま忘れてしまい、掃除をしようと思ったときに充電できてない!ということも度々ありました。

 (これも予備のバッテリーがあれば解決できますが...)

 

 ツインバードは有線なので、時間制限はないので隅々まで掃除ができます。

 ここもツインバードに〇。

 

⑤コード

 やはりコードレスは使いやすいです。ここはダイソンに〇。

 まだ有線の掃除機に慣れていないため、絡まっています(笑)。ワンルーム向けなので、コードが少し短めな気がします。

 

⑥スイッチ

 ダイソンはトリガー式のスイッチだったので、こまめにスイッチのオンオフができる点は便利でしたが、長い時間掃除をしていると手が痛くなってしまいました。握力が弱い方にはちょっと厳しいかと思います。(最近の機種では軽いスイッチになっているようです。)

 ツインバードではスライド式なので、手が痛くなることはありません。ツインバードに〇。

 

⑦ゴミ捨て方式

 どちらもサイクロン式です。ゴミ捨てはどちらも簡単です。ツインバードは丸洗いできるので、清潔に保てそうです。

 

⑧重さ

 ツインバードの方が軽いです。ハンディにして高い場所の埃取りにも大活躍しています。

 ダイソンもハンディにできたのですが、ノズルの交換がしにくくて滅多にはずすことはありませんでした。 

 ツインバードに〇。

 

⑨騒音値

 使っていたダイソンの機種の数値がなかったので、現行機の数値と比較しました。

 数値の上ではダイソンに〇です。

 でも、使用した感じではどちらも結構大きな音がするので、夜に掃除するには向いていないと思います。

 

⑩外観

 ダイソンの方が断然おしゃれです。ダイソンに〇です。

 ツインバードはせめて、全部が白だったらなぁと思います...。

 

⑪その他

 今回、コードレスの掃除機にしなかった一番の理由はバッテリーが高いからです。2~3年ごとに1万円くらいの費用がかかってしまいます。

バッテリー代で新しい掃除機が2、3台買えてしまいますから...^^;

 

以上の項目から、私はツインバードに〇です。

 

 

 家電が大好きで、この家に引っ越してくるときには「新しいもの」「高機能なもの」がいい!と思って揃えました。

 最新のオシャレな家電はとても魅力的だけれど、半年~1年ですぐにまた新しい機種が発売されます。新しいものが発売されるたびに買い替えることはできないし、多機能なものは、すべての機能を使いこなていません。

 シンプルな機能で低価格、使いやす家電がたくさんありますね。

 やっと、CMなどの情報に流されることなく、自分に合った家電を選んで無駄なく使いこなしたいと思うようになりました。