読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashi-no-koto’s diary

2児の母。シンプルな生活を目指しています。

手放せないなら、使うことにしよう

子ども

上の子が幼稚園の年長~小学1年生くらいの間「シール交換」が流行っていました。

シールを貼る専用手帳があって(ページがつるつるしているので貼ったり剥がしたりしやすくなってます)、その手帳にたくさんシールを貼って友達同士で見せ合い、お互い気に入ったシールを交換するのです。

 

その頃は今よりもずっも買い物が大好きだったし、値段も手頃だったので、出かけるたびに買ってあげていました(最近まで忘れていましたが^^;)

今思うともったいない!

 

今ではブームが去り、まったくシールを交換することはなく、机の引き出し一杯に使われることの無いシールが入っています。

使いみちはないけれど、可愛いから手放せないそうです。

 

私は筋トレなど運動をした日を記録するため、カレンダーに印をつけていたのですが、ふと思いついて、子どもたちのシールをもらって、印の代わりにシールを貼ることにしました。


f:id:kurashi-no-koto:20160928150947j:image

子どもたちも可愛くて手放せないけれど、使い道がなくどうしていいかわからなかったようで、喜んでくれました。

 

買った分、たくさん運動して、しっかり消費したいと思います!

(日曜日にシールがたくさん貼ってるのは、長時間自転車に乗ったからです(笑))